ツイッターで神待ち少女と出会ったらやばいことになった

ツイッターで神待ち少女と出会ったらやばいことになった
3行まとめ~ツイッター神待ちはよろしくない~
未成年との淫行はほぼほぼ逮捕確定
ツイッターは未成年神待ち少女だらけ
芋づる式に道連れ逮捕される!

人気SNSのツイッターで神待ち少女や割り切り少女と出会う事ができる言うのは、ツイッターで出会った未成年層序との淫行で逮捕されたというニュースがひっきりなしに出てくるのが証明しています。

しかし皮肉なことに、このツイッターでの出会いは多くが未成年だったりするため、こういった逮捕につながってしまうというのが現実です。いまやツイッターでの出会いを求める男性は総じてロリコンの疑いがあるとまで言われる始末です。

今回はこのツイッターで出会いを気軽に試したがために危うく逮捕されるとこだたっというある男性(塗装業24歳)の話をしたいと思います。

ツイッターは最初暇だから始めただけ

ツイッターは最初暇だから始めただけ

その男性がツイッターを初めてきっかけは趣味の車のツイートを見かけたためでした。バリバリに改造されたいわゆるヤン車を見て、オモシロイと思ったそうです。

ツイッターは基本的に似たような趣味を持つ人が自分の作品や新商品の情報などをツイートすることが多いようです。そのため、画像検索などで引っかかりやすく、それに興味を持った人が始めるというのがよくある”ツイッターはじめました”の流れらしいですね。

加えて、ツイッターは比較的匿名性が高いので利用しやすく、フォロー・フォロワーの仕組みで、自分の知らなかった情報なども流れてきやすく便利です。
一方で比較的若い世代、高校生などからすると、フェイスブックのように自己表現をするSNSに近い感覚で使われることが多いようで、いわゆる裏垢などは、リアルでは言えないような愚痴や悪口などを吐き出すために使われたりと、結構闇が深いのです。

ツイッターでの出会いというのは、基本的にこういう自己表現をしている若い世代を狙ったものが多いそうです。

今回話を聞いた男性も、最初は趣味目的だったけども、こういう若い世代の女性のツイートを見るうちに出会いたいと考えるようになったのだとか。

最近は厳しめになっているツイッターも、アダルト色の強いツイートなどはかなり横行しており、言ってしまえば無修正の画像なども簡単に流れてくるような形になっています。

若い世代の男女が思春期という時期でそういったアダルト画像に興味を持ってしまうきっかけにもなっており、それがエスカレートして「実際に出会いたい」と考えるようになるとも言われています。

この流れで出会いを求めたこの男性は「未成年との淫行でも同意があれば大丈夫」という間違った知識を持っていたためにあわや逮捕となってしまう体験をしてしまうことになるのです。

ツイッターでは年齢がわからない

結果的に13歳の少女とお泊りという完全にアウトな体験をすることになるこの男性は、相手のことを18歳だと思っていたそうです。実際にツイッターでのDM(ダイレクトメール)でのやり取りでは少女自身から18歳であるという旨のメッセージがありました。

最近ではよく行われている、未成年のツイッターでの割り切りやパパ活の募集では、しばしばこういった詐称が発生します。13歳の少女にとって、1~2時間のやり取りで数万円のお小遣いになるというのはやはり魅力的なのでしょう、こういう未成年による募集も近年補導数が上がっているのが事実です。

完全な援助交際の勧誘から、着用した下着の販売、もしくはその両方など、まさに若さを武器にして商売をするという商魂たくましい少年少女たちです。やはり少女の需要が高いので少女がこういった活動をツイッターで行うことが多いようです。

この男性もそんな少女のツイートを見つけてダイレクトメールでやり取りをしたとのことです。最近は警視庁がこういった書き込みに対して目を光らせていて、サイバー補導なる作戦を実施しています。

未成年と思しきユーザーのこういった援助交際や下着の販売などの書き込みに対して、警察官自身が直接やり取りして実際に会って指導などを行うという内容です。このように警察が動く一方で、警察官自身も淫行に走ってしまうという事件も多数発生しており、未成年少女の身体の誘惑がいかに強いものなのかを感じてしまいます。

実際に神待ち少女に会って疑問を感じるも

実際に神待ち少女に会って疑問を感じるも

ツイッター上でやり取りした内容から、18歳以上であると思い、男性は実際に会うことにしました。近場の駅で待ち合わせして、ホテルに向かうという約束で神待ち少女と実際に出会いました。

見た瞬間からもう疑念しかなかったそうです。背の高さや言動、持ち物、どれをとってもおよそ高校生と思えない内容だったそうで、流石にやばいんじゃないかと思ったとのこと。

金曜の夜ということも会ったのでとりあえずホテルに向かいましたが、ホテルに入ってからは神待ち少女の事情を聞くことに集中したそうです。とは言え密室に神待ち少女と二人きりという状況のため、あまり彼女を刺激しすぎないように慎重にならざるを得なかったとか。

実際に話を聞けば、年齢は13歳で両親ともに共働きで金曜は家に帰らないからこうやって神待ちしてお小遣いをもらっていて、基本放任主義な両親は私が出どころの不明なお金をいくら持ってようと気にしない、というのです。

実際にこの神待ちも3回目で、徐々におこづかいの値段を上げているというところまで聞き出したそうです。流石に13歳となるとどう転んでも逮捕され実刑との可能性が高くなるため、お小遣いだけ渡してその日は解散という形にしたそうです。

後日、ついにその神待ち少女がサイバー補導に引っかかってしまい、そのツイッターのやり取りから芋づる式に神男たちが逮捕されてしまいました。今回のその男性も任意同行を求められました。

幸い少女自身からその男性に関してはお金だけをもらった旨の供述があったとのことで、男性の主張と一致したためなんとか逮捕には至らなかったとのことですが、男性自身、任意同行~事情聴取の段階では生きた心地がしなかったそうです。

危機一髪という感じでしたが、もし神待ち少女が記憶が曖昧になっていたり、事実と違う主張を行っていたりしたら、即逮捕ということにもなりかねない崖っぷちの状況だったというわけです。

SNSでの神待ち少女漁りはあまりにも危険

今回の男性の話は特殊なものではなく、今の日本で日常茶飯事に起こっていることなのです。ツイッターやフェイスブックなどのSNSで神待ちをしている少女はSNSで神待ちをするだけの理由がある、つまり神待ち掲示板をまともに利用できない理由がある、ということであり、それはほぼほぼ未成年であるためというのが自然に推理できる内容でしょう。

つまり、SNSで神男を探す神待ち少女は、未成年であり、淫行すればそれ自体が日本では罪となり、逮捕されてしまうことになるということなのです。バレなければいいという感覚を持っている人はことごとく捕まり、ニュースになってしまっているのです。

おわかりのように、ツイッターによる神待ち少女の勧誘は、これだけのリスクが有り、その後の人生を考えても、賢い選択肢とはいかないと思います。
未成年の神待ち少女とうっかりやり取りをしてしまい、後から芋づる式に逮捕なんていう悪夢のような事態にならないためにも、ツイッターやSNSを神待ち掲示板の代わりのようんに使うのは辞めたほうが良いでしょう。

神待ち少女を攻略する方法が知りたい方は「神待ち雑学」がオススメです。速行で女の子にメールしたい人は「鉄板神待ちサイト集」がオススメです。
神待ち雑学
神待ち掲示板の攻略情報
鉄板神待ちサイト集
すぐにメールを送る!

Posted by admin